外国人が帰化したい理由は何か?

帰化申請者が日本国籍を取得を決意したきっかけ【帰化大阪】帰化を考えたきっかけ
実際に日本国籍を取得した外国人が、帰化を選択した理由を説明する女性行政書士のイラスト。

 

帰化する理由は人それぞれですが、それでも一定の傾向があります。
大まかには下記の箇条書きの何れか、もしくは複数に該当します。

 

帰化したい理由

・これからも日本で生活していくため
・子供に日本国籍を与えるため
・就職のため
・結婚のため
・参政権を得るため
・日本のパスポートを得るため

 

これからも日本で生活するため

帰化申請者が日本国籍を取得を決意したきっかけ【帰化大阪】帰化の理由は、日本に長期的に定住したいから
帰化の理由で一番多いのが、日本で長く暮らしたいからについて、紹介する行政書士の画像。

 

日本で帰化する理由で一番多いのが、将来的にも日本で暮らすからです。
帰化許可者に対して行われたアンケートでもダントツの一位です。
長期的に暮らす場合、日本国籍があるほうが何かと便利なことが多いですね。

 

単純に日本で長期的に暮らす場合、永住ビザでも問題ないのかなと思いますが。
しかしながら永住ビザの場合、取り消しや退去強制のリスクが存在すること、海外旅行や出張のたびに、再入国許可が必要だったりします。
あまり大きな声では言えませんが、永住ビザよりも帰化のほうがハードルが低かったりします。

 

特別永住者と海外出身者ではニュアンスが異なります。

「これからも日本で生活するため」ですが・・・
帰化許可者の属性よって、意味合いが異なってきます。

 

具体的には海外出身者と特別永住者です。
国際結婚や留学から就労ビザ、調理師などの技能ビザで来日した方は、基本的に移住先で定住するために有利だから帰化する傾向があります。

 

帰化のメリットでも紹介しておりますが、日本人になると在留資格の問題から解放されます。そして安定的に日本で暮らすことが可能です。
海外出身者の帰化は日本で暮らすための手段というニュアンスが強いです。

 

 

関連記事:外国籍の人が、日本国籍を取得する利点

 

 

特別永住者の方の場合は色々あります。

在日韓国人などの特別永住者の方は、ぶっちゃけ帰化しなくても日本に永住することが可能です。
原則的にビザの更新や変更手続きで不許可になるリスクに怯える必要がありません。

 

日本で生まれ育ち、日本に生活基盤が存在する事実。
しかしながら国籍上は外国人という矛盾。
特別永住者の方が帰化するのは、この矛盾を解消する為に行うと仰っておられました。

 

子供に日本国籍を与えるため

帰化申請者が日本国籍を取得を決意したきっかけ【帰化大阪】帰化の理由は、子どもに日本国籍を与えたいから
子供の将来を考えて、帰化を決断する人が多いことを紹介する女性行政書士のイラスト。

 

帰化する理由で2番目に多いのが、子供に日本国籍を与える為です。
帰化のタイミングは、ケースバイケースな所があります。

 

子供が生まれる前に日本国籍を取得して、生まれた時から日本人として育てるため。
子供が生まれた後に帰化するケース。
ある程度、大きくなってから帰化申請する場合など。

 

あとは進学や就職を控えた年齢のお子さんから、帰化して欲しいとお願いされた方も居られます。

 

子供の教育問題や進学や就職する場合など将来的なことを考えてですね。
実際問題、警察官や消防官など日本国籍がないと就けない仕事も存在します。

 

または子供に自分と同じ苦労(煩雑なビザの手続きに振り回される等)をさせたくないから帰化した方も居られました。

 

結婚のため

帰化申請者が日本国籍を取得を決意したきっかけ【帰化大阪】帰化の理由は結婚するから
帰化の理由で結婚が多いことを紹介する女性行政書士の画像。

 

日本人と結婚するにあたって帰化する人も多いです。
結婚問題のリスクを回避する為に帰化するケースです。

 

帰化前に結婚すると、国際結婚になるので非常に手間がかかります。
母国によっては、婚約者が揃って海外に出向かないといけない場合もあります。
国際結婚の手続きを経験したカップルは、口を揃えて言うことがあります。
「国際結婚がこんなに大変だとは思わなかった・・・」

 

帰化の専門家の多くは、可能ならば外国人配偶者が帰化後に結婚することを薦めています。
結婚手続きが簡単にできる事が第一(日本人同士の結婚だから、婚姻届だけで終了する)、
第二は戸籍の関係ですかね。

 

他には結婚して、簡易帰化の条件を満たしたので帰化申請するパターンもあります。
結婚後すぐに手続きを始めると、訪問調査が入る確率が非常に高くなります。

 

就職のため

就職のために帰化するのも理由として少なくありません。
子供に国籍を与えたいという理由とリンクする部分もあります。

 

就活が始まる1年前くらいから帰化申請するケースが多いです。
就職活動で不利にならないように、または国籍条項がある職業を希望しているなどですね。

 

国家公務員や警察官、消防官や海上保安官など、日本国籍がないと就けない職種があります。

 

参政権を得るため

帰化の理由としては、少数ですが参政権の為にという方も居られます。
帰化すると地方議会、国会議員への選挙権が手に入ります。
一定以上の年齢に達した場合は、地方議員や代議士への被選挙権を得ることができます。
実際に帰化後に地方議員になった方や国政に打って出た方も居られます。

 

日本のパスポートを得るため

帰化申請者が日本国籍を取得を決意したきっかけ【帰化大阪】帰化の理由は日本のパスポートを手に入れるため
日本国の旅券を手に入れるために、帰化して日本人になる人は意外と少数派であることを紹介する行政書士のイラスト。

 

帰化する理由で日本国のパスポートが欲しいからも少数ながら存在します。
しかしパスポートだけの為に帰化したという人は意外と少ないです。
確かに日本のパスポートの信用度は国際的に見てもトップクラスの信用度を誇ります。

 

頻繁に海外に出張や海外旅行に出かける人でも無ければ、そこまでパスポートに魅力を感じないように思えます。

 

帰化すると母国に里帰りをする場合には、母国の大使館や入国管理局で入国ビザを取得する必要があるなど、デメリットもあります。

 

日本のパスポートは「日本でこれからも暮らすため」等で帰化した場合に、付いてくる副次的なものであることが多いです。

 

 

関連記事:帰化のデメリットについて

 

 

まとめ

外国籍の方が帰化する理由は色々あります。
一番の理由は、引き続き日本で生活する場合、外国人のままでいるよりは日本国籍を取得したほうが不便さがないことですね。
他の理由(就職のため、結婚や子供の将来など)も日本で生活するために集約されます。
日本のパスポートが欲しいから、帰化する人は思うほど多くないのも事実ですね。

 

 

帰化申請をサポートする立場としては、申請者が日本国籍を取得して幸せになることを願うだけです。
そのために全力を尽くしていく所存です。


 

ここまでお読みいただきまして、有難うございました。

ページの先頭へ戻る