普通帰化の要件のコンテンツ【帰化申請大阪】記事一覧

普通帰化の要件は7つあります。【帰化申請大阪】

普通帰化の要件は7つあることを説明する女性行政書士のイラスト。普通帰化とは在日韓国人などの特別永住者や日本人と結婚した人やその子供など、それ以外の外国籍の方を対象にした帰化申請です。帰化申請の手続き自体は一種類しかありませんが、その要件は10種類以上あります。今回の普通帰化は、その中でも一番ベーシックで基本的な物になります。具体的な普通帰化の対象者・外国人と外国人同士の夫婦。・外国で生まれて日本に...

Read More
普通帰化の居住要件【帰化申請大阪】

ここから個別の要件を詳細にご紹介します。普通帰化の全体像を確認したい方は関連記事:普通帰化の要件は7つあります。【帰化申請大阪】このページは日本での居住要件をご紹介します。普通帰化申請の居住要件の概略を紹介する女性行政書士の画像。居住要件は5年以上日本に暮らしていることです。根拠条文は以下の通りです。国籍法第5条1項引き続き5年以上、日本に住所を有すること条文に書かれている内容は、かなり抽象的です...

Read More
【能力要件】普通帰化は年齢制限あり20歳以上になってから|帰化申請大阪

帰化申請の能力要件の概要を一言で伝える女性行政書士のイラスト。二番目の要件は能力要件です。根拠条文は国籍法第5条第1項2号です。二十歳以上で本国法によって能力を有すること。条文に「能力」と入っているので、一般的に能力要件と呼ばれています。要件は20歳以上で能力に制限が掛けられていないことですね。申請人が20歳で日本国で成人になり。本国法で能力を有することで外国でも成人扱いになることが必要です。本国...

Read More
普通帰化の素行要件で問われる範囲は広い【帰化申請大阪】

帰化申請の素行要件を説明する行政書士の画像。素行要件は国籍法第5条1項3号に書かれている要件です。簡単に言うと、日本社会のルールを守る真面目で善良な住民として暮らしていますか?条文では一行しかありません。素行が善良であることとてもシンプルで美しいです。しかし善良であると言うのは、かなり抽象的ですね。帰化申請者の生活全般を見るのが素行要件です。帰化申請の審査で問われる内容は以下の4つです。・税金を払...

Read More
普通帰化の生計要件、自分の家族だけで生活できますか?【帰化申請大阪】

普通帰化の生計要件を紹介する女性行政書士のイラスト。特別永住者や日本人と結婚した人を除く一般の外国人が帰化するための条件。7つある普通帰化の4番目の条件は生計要件です。国籍法第5条第1項4号には、こう書かれています。自己または生計を一にする配偶者その他親族の資産又は技能によって生計を営むことができること。要は自分たち家族だけの収入や資産で生活できますか?という意味ですね。この条件は過去から未来にか...

Read More
普通帰化の喪失要件と思想要件の解説【帰化申請大阪】

この記事は普通帰化の喪失要件と思想要件についてご紹介します。帰化の7要件でこの二つはボリュームが少ないので、1記事にまとめてしまいました。内容のボリューム自体は少ないですけども。母国の国籍によっては、申請者に立ちふさがる大きな壁になることがあります。関連記事:普通帰化の要件は7つあります。普通帰化の喪失要件帰化の喪失要件を説明する行政書士のイラスト。ここから普通帰化の喪失要件をご紹介します。まずは...

Read More
普通帰化の日本語要件、場合によっては日本語試験あり【帰化申請大阪】

帰化申請の日本語能力を説明する女性行政書士のイラスト。帰化申請の最後の要件なのが日本語能力です。この要件は国籍法には掲載されていない条件になります。日本語能力は法的ではなく実質的な要件というわけです。日本で生活する以上は、最低限の日本語が出来ないと暮らしていくのが難しいからですね。日本以外の国でも自国の言葉と文化への理解を求める内容が要件に組み込まれています。例えばお隣の韓国の国籍法第5条第1項5...

Read More
ページの先頭へ戻る